So-net無料ブログ作成
相続手続き・遺言書原案作成 今なら初回相談 無料です。
相続あんしん相談室

【替え玉殺人初公判】尹被告、中国語で3人殺害否認 [相続・遺言]

 平成13~14年に夫の加藤善一郎さん=当時(77)=の遺産を相続するため、加藤さんと替え玉に仕立てた男性2人の計3人を殺害したとして、殺人など9つの罪に問われた中国人妻、尹麗娜(インリナ)被告(53)の初公判が17日、大阪地裁(長井秀典裁判長)で開かれた。尹被告は罪状認否で3人の殺害などについて無罪を主張した。

 尹被告は3人の殺害を捜査段階から一貫して否認。特に加藤さんの遺体は発見されておらず、「自供、遺体なき殺人」への司法判断が焦点となる。

 弁護側は冒頭、長井裁判長ら3裁判官が今年3月、替え玉の近藤晃さん=当時(69)=殺害の共犯として殺人などの罪に問われた越田俊昭被告(68)に有罪を言い渡したことを理由に、裁判官の忌避を申し立てたが却下された。

 起訴状によると、尹被告は13年10~11月、加藤さんを殺害後、自然死を偽装して遺産を相続しようと計画。同年12月~14年2月、糖尿病だった高木清さん=当時(71)=と近藤さんを替え玉に仕立てて殺害した上、加藤さんの娘が遺産を取得しないように書類を偽造し、計約3240万円を詐取したとしている。

関連ニュースURL
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090817/trl0908171221000-n1.htm

☆私のひとこと
金の亡者というにふさわしい。
ここまで金に執着できるとは、恐ろしい限りです。
これ以上書くと差別的なことを表現しそうなので、やめときます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。