So-net無料ブログ作成
検索選択
相続手続き・遺言書原案作成 今なら初回相談 無料です。
相続あんしん相談室

一澤帆布、ほどけぬ対立 遺言書2通、司法判断もつれ [相続・遺言]

 素朴で丈夫な布製かばんが人気を集める老舗「一澤帆布工業」(京都市東山区)の相続をめぐる兄弟間の争いが、8年越しの法廷闘争を経ても決着していない。6月には先代会長が書いたとされた遺言書が最高裁で「偽物」と断定されたが、敗訴した長男側は7月、自身の取締役復帰などを京都地裁に申請。遺言書をめぐっては別に「本物」とする最高裁の判断が存在するなど司法判断も混迷しており、“骨肉の争い”はいまだ出口が見えない。

関連ニュースURL
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090801/trl0908011346001-n1.htm

私のひとこと
未だ解決する見込みがありませんね。
多分、誰かが亡くなるまで解決しないのでは?
これは対岸の火事ではありませんよ。
確かに財産の多寡はありますが、財産が少ないからと言って争うことはないとはいえません。
自分の財産は後の世代に迷惑をかけないように、最後まで責任を取りましょう。
「遺さずに死ねるか!!」です。
タグ:相続・遺言
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。